FX本質トレードを学ぶブログ

<はじめに>FXをする上で一番最初に覚えること!

 

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

はじめまして、おうがFXと申します。

 

 

私は、独自のデイトレとスキャルピングの

 

2つのトレードスタイルを駆使して

 

本質トレーディング思考で稼ぐ現役の個人トレーダーです。

 

 

 

私があなたに、声を大にして言いたいのは、

 

 

一般個人がするべき勝つトレードは、

大手のトレードとは、性質も思考もまるで違います

 

 

私が今からぶっちゃける

 

なぜ多くの方が負けてしまうのか真実の話をします

 

 

 

このサイトは、

 

FXやトレードが初めての方や、うまく勝てない方

 

すでに何らかのトレードを始めている方や、これから色々なトレードを始められる方が

 

 

正しい「基本知識」を学び直し

 

本質的な稼ぐための思考を学んで頂くためのサイトです。

 

 

 

 

そして、今からお話しする一般個人トレーダーの

 

取るべき考え方は

 

 

短期・中期のデイトレード、スキャルピングなどの

トレードスタイル、すべてに共通しています。

 

 

 

そして、これらのまとまった考え方を

 

私は、「本質トレーディング思考」と呼んでいます。

 

その本質的な思考を実践いただくことで、

 

 

 

どのような人でも、稼ぐトレードができるようになります。

 

 

あらゆる相場の中で弱者や市場の養分とならないようにするには

 

まず短期相場を熟知して、「勝者」へ「思考の最適化」をするということが必要です。

 

 

 

私のFX精神のモットーは小が大に勝つです。

 

 

 

そのためには、資金が少なくても、あらゆるメリットを最大限利用することで

 

少数の勝者になることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、あなたの知っている投資家、元銀行ディーラーのほとんどが、

 

企業の中で資金的に恵まれたバックボーンの上でトレードをしています。

 

俗に言う元銀行系トレーダーも基本的には同じです。

 

 

 

また一般個人ではない、トレーダーや投資家はみな、

 

事業資金や株の配当金、不動産収益などで稼いでいるお金でFXに投下しますし、

 

銀行ディーラーなどの機関投資家は、当然に

 

一般個人では、運用できないような数十億、数百億単位の潤沢な資金で、トレードに参入して、彼らで相場の大きなうねりを作っています。

 

 

 

なので当然に個人がもつ数百万程度ではなく

 

事業家トレーダーやプロの大口投資家は最低でも1千万単位

 

銀行ディーラーは数十億、数百億単位のトレードが任されますから

 

トレードの資金規模がまるで違うわけです

 

 

 

なので一般個人が損失を被ると、瀕死するレベルの

 

数百万の損失などはそれら連中からすれば

 

捨て金になってしまうわけです。

 

 

 

 

そんな彼らと同じ目線で、同じ手法で、同じファンダメンタルを見て

 

一般個人トレーダーの方が勝つことは相当難しいです。

 

 

 

それをまず知って頂きたいです。

 

 

やるからには、小が大に勝つトレードをしたほうが良いに決まっています。

 

 

 

なので、トレードスタイルとしては、

 

大に乗っかるトレンドフォローをしたり、

 

大を出し抜く逆張りトレードも必要になってきます。

 

 

それぐらいトレード手法、見る目線、やタイミングがまるで違うということです。

 

残念ながそこを理解せず8割以上の方は、トレードしてしまいます。

 

 

 

「最近トレードで始めて月利益1000万出しました」

 

「今月も余裕で勝ちました」という人を見かけて

 

 

 

調べてみると事業家トレーダーでした。

 

本業で、数千万から、数億円の利益を出していたりします。

 

 

 

つまり彼らは、

 

トレードが上手でなく、ド素人同然でも、本業の資金力で

 

カバーすればいくらでも

 

ラッキーパンチを何度も打つことができるほど、潤沢な資金があります。

 

 

 

結局は豊富な資金を回してトレードしていますので、

 

資金力があれば、含み損に耐えれるのでたまに稼ぐこともできます。

 

ずっとは続かないにしても、

 

資金がショートしない限りはは、負けにくいトレードは可能になります

 

事業資金があるぶんパワープレイのナンピンをして平均価格をさげることも

 

可能になります。

 

 

つまり一般個人トレーダーが

 

もともとそういったバックボーンのある事業家トレーダーや、プロの大口投資家

 

銀行ディーラーなどの機関投資家と同じ目線や手法を取り

 

同じ感覚やタイミングでトレードをするとかなり厳しいことが

 

 

分かって頂けたのではと思います。

 

 

そういう、個人トレーダーの資金力が見えているから、

 

ある意味、大手筋は、個人のポジションを焼きに来る

 

ということなので。

 

 

 

つまり、個人のトレードは、事業トレーダーはまた別としても、

 

大口投資家、機関投資家のトレードとは、

 

明らかに異なるトレードをしないと勝てないんです

 

 

 

一般個人トレーダーは、資金がなければ最初から

 

無理なのか・・・

 

これらの強者達から

 

 

一般個人トレーダーは、

 

お金を搾り取られるだけの存在なのかといえば

 

 

そんなことはなく、しっかりとお金を残すことができます

 

 

 

彼らと同じ目線でいる限りは、勝てません。

 

小は小なりの戦い方を知れば、不自由なく互角に戦うことができます

 

 

つまり「小が活かせるのは、機動力や迅速な相場判断」しかありません。

 

例えるならば、大が網で仕掛けて一斉に獲物を捉える前に

 

自分の利益だけをささっと取って、アミから逃げてしまえば良いわけです・・・・

 

 

 

私といえば、FXを始めた頃は、

 

超が付くほどの弱者の中の弱者だったわけです
(詳しくは、プロフィールに書きました)

 

紆余曲折有り、大金を失ってから、最初の資金10万円から初めて15万円、

 

20万、30万、50万、100万と小さな資金を少しづつ

 

足していって資金をループさせて増やしてきました。

 

 

私の始まりは、限りなく「小」でした。

 

非力な存在だったわけです。

 

 

そこから、本質思考で稼ぐようになると

 

資金の少ないからといって、稼げないというのは、

 

違うことを証明できました

 

 

つまり、何を言いたいかと言うと

 

 

勝つためには、強者の言っていることは極力無視したほうが良いです。

 

なぜなら一般個人トレーダーには最適化されてない方法なので

 

 

勝つためには、小が稼ぐための本質があります

 

それをまずは知って下さい。

 

 

そして
それは、何が違うのかを知るために

 

私が重要視している

 

本質トレード思考術というものがあります。

 

 

 

4時間足、日足をメインにしたデイトレードスタイル

 

5分足をメインにした、スキャルピングスタイル

 

原理原則の思考は同じです

 

 

 

それを多くの人はこれを理解していないので、

 

勝てません。

 

 

トレードスタイルうんぬん、よりも、
まずは、小が大に勝つ

 

この正しい勝てる思考術を頭にいれることが重要です。

 

 

 

一般個人であれば、これが、武器になります。

 

あとは、時間軸や通貨の相関性での応用なってきますので、

 

いくらでも、戦い方はあるわけです

 

 

 

私の行っている本質トレード思考で重要なのは

 

ファンダメンタルも重要ですが特にテクニカルを重視しています。

 

 

 

テクニカルというのは、チャート見方やトレンドの把握の仕方などの

 

正しいロジックを理解することですね。

 

何に、価格が形成付けられているのかを知ることが重要です。

 

 

 

実は欧米でも相場を知り尽くすトレーダーほど、多くは表に出たがらないんです。

 

 

そして彼らの多くは公に出ている情報を一切遮断して、

 

テクニカルチャートのタイミングや時期だけを見たりします。

 

時には、情報の遮断された山奥から降りてきて、

 

わざわざ注文を出すトレーダーも居たほどです。

 

 

実は情報に左右されない空間に身を置くことで

 

数々のトレーディングから、とてつもない利益を叩き出しています

 

 

何もファンダメンタルのような経済状況を全て無視するという
ことではありません。それも重要ですが、

 

テクニカルが基本であることが、もっと重要なんです。

 

 

 

 

日本の銀行や証券会社ではまだまだファンダメンタルの傾向が強いですが、

 

特に欧米の機関投資家では、テクニカル的な判断が最優先されます。

 

基本的なトレードの基礎として、必須となっています。

 

つまり、

 

「テクニカルを見れないトレーダーはトレーダーにあらず」

 

 

というぐらいです。

 

 

 

 

そこで個人が大に勝つためには、

 

まずはテクニカルの本質を知ることが何よりも重要です。

 

この「本質トレード思考術」は、

 

稼ぐ思考なので、テクニカルの本質についてしっかり教えます。

 

 

はじめての初心者や、一般個人トレーダーがしっかり学んでいくには、

 

今までの間違って覚えてきた無駄な知識を捨て、

 

正しい思考を頭にいれるほどに重要です。

 

そのためには、知識を体系化して本質を見れる思考が必要になってきます。

 

 

 

しかし、残念ながら多くの方は、

 

それらを軽視して

 

 

 

 

 

 

 

簡単でラクな手法だけに走って無駄にお金を失くしています。

 

なので「本質に即したトレード思考」が

 

稼ぐ上で最速であり、最短の近道でもあることを

 

ぜひ知っていただきたいと思います。

 

 

 

 

具体的に言うと稼ぐ上で必要なことは大きくて3つの思考に分けられます。

 

 

1つ目が、土台となる基礎知識の思考です。

 

基礎知識と言っても一般的なトレード理論にとどまりません。
あなたがどのような状態で、どのような環境でトレードにのぞんでいるのか。
ということまで含まれています。

 

これが間違っていると積み重ねるもの全てが間違っていきますので、

 

本質的な、「最低限の基礎項目を学ぶ必要があります。

 

それがなんであるかを知ることです。

 

 

 

2つ目が、ここで応用の思考になります。

 

1の土台もなく2つ目に来てしまっては、
相場の価格全体を把握する力が伴っていないので、簡単に相場から退場してしまいます。

 

なのでしっかり学ぶ順番を守っていくことで効率よく稼ぐことが可能になります。

 

そして優位性の高い手法を身につける発想力が必要になります

 

 

 

そして3つ目が、メンタルの思考です。

 

トレードメンタルは、FX市場での戦いの中では、

 

他と戦っているように感じるかもしれませんが、実は自分と戦う場面が多くなります。
なので、正しいトレードメンタルが形成できれば、

 

ルールを守って最高の結果を出すことが可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【おうがFXのトレード最新情報】は公式ラインにて!